このブログはAUGUST好きな自分のアニメ・エロゲ中心の気まぐれ日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hoe_icon0301.gif

前回上半期のまとめを~とかいってましたがまぁソレはまた置いといて、Rewrite以外の6月新作崩し終わったので

そちらを、とりあえず「すきま桜とうその都会」propellerさんの新作ですが得意の燃え展開ではなく

少し不思議な都会の物語、攻略可能キャラは4人・・・そう4人なんですよ えっ?霞さん攻略できないの?

あれだけ設定作っといて攻略不可とかビックリですよ 音々ちゃんも勿論できませんよ!ふわりや彩香はしょうが

ないとして霞さんだけは本当になぜ攻略キャラじゃないのか・・・一緒にお風呂~の選択肢もありますけどCGない

ですしね、シナリオに関しては個別は短め妹さまの√はもう少し色々詰め込んでもよかったんではって感じもしな

いでもないですが、ちよこ&花珠の話もわるくはないですがインパクトが弱いですね

そして鈴ちゃんコレがまぁメインの話でしょう、こっちはこっちで後半が超展開すぎてビックリ

鈴ちゃん物凄く可愛いですけどね、都市の成り立ち、テーマになっている「うそ」まぁここらの理由が明かされる

ので鈴ちゃん√は最後に回すのがいいでしょう、個人的には少し物足りないかなという感想

初回版の特典でDLできるシスコンパッチ正直コレが一番すごかった Hシーンも3回と大サービス

Sな妹さまも堪能できてコッチは満足しました、でもやっぱりpropellerさんは燃えゲーかなってのが正直な感想

でお次はういんどみるさんの「Hyper→Highspeed→Genius」ギフトといった特殊な力をもった人間「ジーニアス」

が通う学園での物語り、メフィストを合わせるとメインキャラ4サブキャラ6と結構なヒロイン数ですが

サブキャラ√に関してはちょっとオマケ的な感じで6人とも短いです、3学園の聖女候補は個別的なENDと

聖女を目指す√とで2END、学園ごとにEND4つ×3で12√と数を聞くとすごい大変そうに思えますが

一話一話が短いのと話のテンポの良さもあってさほど時間はかかりませんでした

ここまで終わるとメフィスト√入れるわけですが(もしかしたらサブキャラはクリアしなくても入れる?)

最終√も話数は他の聖女候補の半分ほど結構全体的に大味なシナリオでしたね、それでもヒロイン勢の魅力は

高いのでキャラゲーとしては秀作かな? 個人的に好きなのは姫乃、アイリス、詩子先輩ですね

苦手なヒロインがいないという珍しいソフトでした 難点をいえばHシーンの少なさメインキャラで2

サブキャラに関しては1回だけという感じでもう少し欲しかったなと、展開的にFD作るのも難しくないし

出るなら是非欲しいですね、ツイッターでの広報の話ではまだFDって展開までもっていくのは難しいと

いっていましたがカンパネラも祝祭がでましたし、密かに期待しましょう

6月は三本しか新作買いませんでしたがこの中で勧めるなら結局一番は「Rewrite」になるかな

keyの新作としては少し弱い感じもありましたがそれでもよく出来てたのではないかとやっていて退屈も

しませんでしたし「すきま桜」は少々人を選ぶかも、「HHG」は逆にエロゲ初心者な方にも勧められる

手軽にできる作品としてはいいかもですね

もう来週には新作もでますので次はその時か、言ってて書いてない上半期まとめをやるか

毎度のごとく適当にでぁでぁ

スポンサーサイト
hoe_0602.png


6月のゲームメーター
ゲームへのつぶやき:2
やったゲームの数:2本
積んだゲームの数:3本
欲しいゲームの数:3本

▼ゲームへのつぶやき
明日の君と逢うために 初回限定版明日の君と逢うために 初回限定版
シナリオはよく纏まってる 少々突飛にEDに入る√もあるけど システム、演出面に関しては文句なしの出来 とりあえずりん攻略させれ
06月28日 22:27
Vermilion -BIND OF BLOOD- 初回版Vermilion -BIND OF BLOOD- 初回版
ちょっと演出面で弱い部分があるけれど、グランドエンドまでやり通せばシナリオとしてはそこそこ 戦闘描写は結構好み
06月05日 11:54
▼やったゲーム
明日の君と逢うために 初回限定版明日の君と逢うために 初回限定版
クリア日:06月28日
Vermilion -BIND OF BLOOD- 初回版Vermilion -BIND OF BLOOD- 初回版
クリア日:06月05日
▼積んだゲーム
STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(初回限定版)STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(初回限定版)
Hyper→Highspeed→Genius 初回限定版 (予約キャンペーン特典 主題歌マキシシングルCD付き)Hyper→Highspeed→Genius 初回限定版 (予約キャンペーン特典 主題歌マキシシングルCD付き)
すきま桜とうその都会 初回版すきま桜とうその都会 初回版
▼欲しいゲーム
神咒神威神楽 初回版神咒神威神楽 初回版
euphoriaeuphoria
晴れときどきお天気雨晴れときどきお天気雨

ゲームメーター
hoe_0603.png

6/24の購入報告もないままかなり放置してましたのでとりあえず購入分

0428_convert_20110707102936.jpg

延期したものが多かったのでそれほど今月は本数買っていませんよ、下半期最後の月でしたけどようやくRewriteも

発売されて今年前半はコレで〆

なにから手をつけようか迷いましたけど周りもRewriteRewrite空気だったのでそのまま流されてRewriteから

手を付けることに、発売初日は手をつけなかったので翌日からスタートそして昨日コンプとかなり時間はかかり

ました、オカ研としてのQuestは実は全て埋まってないんですけどね、アレ埋めるにはマッピーでの取り漏れ

なくして同じ√でも複数やらないといけないものでソコラはそのうち気が向いたら 

とりあえずネタバレは控えめに簡単な感想、シナリオ全体の長さは結構長い今年だとグリザイアといい勝負

個別√がボリュームあるので とりあえずメインの五人読み終えるのにもそれなりの時間がかかりますね

攻略に関してもロックかかってるヒロインもいるのである程度決まった順番になりますけど

終えてみての推奨攻略順は 小鳥(静流ロック解除)→静流→ルチア→ちはや(朱音ロック解除)→朱音

ですかね、というか自分がこの順番で攻略したのですがシックリきたので、とりあえず小鳥は最初にやったほうが

いいかな

今回複数ライターですが、担当は篝、朱音、小鳥がロミオ ちはや、静流が殿 ルチアが竜ちゃんかな(おそらく)

間違ってたら失礼

そして世界構成はロミオ、とりあえず自分はキャラとしてもシナリオとしてもちはや、朱音の二人が好きです

シナリオ感想は 朱音>ちはや>静流>ルチア>小鳥 小鳥はロミオにしては少し退屈な話だった終わり方も

スッキリしないしさほど思うところがないシナリオ

ルチアに関しては竜ちゃんポイアレは一発で誰担当かわかったwある意味面白い話ではあった途中までの

ホラー展開は結構惹きこまれたけど最後はやっぱり竜ちゃんよねって感じの終わり方

静流√ココラ編はバトルバトルしてるけど戦闘描写は少し弱いかな、話の〆方は好きでした

でちはや√こっちは咲夜の話といってもいいかな、瑚太朗の上書き能力の話もここら辺から本格的に

ちはや√は読んでて退屈しなかったちはや好きですし、三人のやりとりも良かったです

そして朱音様、一番ロミオぽかったシナリオ まぁ全体的に暗い雰囲気の話ですが朱音√の瑚太朗は

他√の瑚太朗と比べると結構かわった印象受けました、鍵作品で主人公にあんな事させるとは思わなかったので

ここまでメイン五人終わったら 2ndOP入ってLuna Terraと篝のシナリオが続きます

最終的にこの作品の真のヒロインは篝って形になってしますので、他ヒロインに思い入れが深い人は

ちょっと寂しいかもしれませんね、五人のシナリオがココにたどり着くまでの前座的部分に感じられちゃう

所があるので、今回のRewrite 鍵作品=泣きゲーってイメージがある人は少し納得いかない部分もあるかも

とりあえず自分は泣ける部分はなかったので、複数ライターでロミオと竜ちゃん起用今までと違う色は出せたかも

しれませんが鍵らしさが感じられなかったかな、まぁ受け止め方は人それぞれでしょうが

面白かったか?つまらなかったか?って話ならたしかに悪くはなかったし結構楽しめましたが

予想以上のものでもなかったってのが正直な感想、ブランドとしての大きさ前評判の期待の高さがありすぎた

ってのもありますけど、ただ読み物としては面白いので鍵作品がやりたいというよりもシナリオに興味が

ありますって方にはいいかも

なんか微妙なレビュになったけどとりあえず今回はこんなところで、7月入ったし上半期のまとめみたいなのを

近いうちに適当にやりたいかなって事で〆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。